下痢に対する乳酸菌

ウイルスロタウイルスの感染は、下痢と全体の保育所を置くことができます。したがって、両方の親とスタッフが最善かつ迅速な治療方法を認識していることが重要です。

塩の水処理と補償の最​​初の医師によると、下痢の最初。乳酸菌ラクトバチルス・ラムノサスの対象となる補助金と結合し、下痢は、典型的には約3日後に停止します。

善玉菌の子供は赤ちゃんの腸内細菌の間の闘争の舞台として、下痢を取得します。

バランスを回復する武器は、子どもたちが自然に屋外で遊ぶ、明確な太陽の光と通常の肌寒い日に乳酸菌の十億への攻撃です。ここでは、猫、鶏やウサギです。

6年8ヶ月歳の65人の子供は、湖の周りで最大のサンドボックスでなければならないもので、草本国境、ハーブガーデンによって外部の古い農場の敷地で自由に遊びます。

それは、現代の子供を提供するために、最適な設定で、寿命が住んでいたときは、このであり、細菌が繁栄します。

25年以上にわたり、幼児と協力してきました。彼女はいつも最年少とするとき怒っ見つけることができます。

一つは、サイレント早すぎるか、少し疲れこれは非常に多くの場合、問題を引き起こす胃です。

小さなボディには、下痢や軟便は、エネルギー、気分や生活の質に影響を与えます。

それは子供が下痢を持っている場合、それは他の子供たちへの感染を回避することは困難であることは確かであるように。

それだけで現代歴史のようなものです。

消化管全体のマイクロインナー世界のAF細菌とのバランスに住んでいます。

それらからAF十億があります。

しかし、その後免疫および下痢が生じます。

彼と一緒に、バランスで体を維持し、腸や下痢の洗浄および糖からの流体、そこ病気は必ずしもありませんが、小さな子供が塩、砂糖、液不足反応します。

それは防衛の1つの下痢が最善玉菌をは衝撃としての地位を示している。

体自身の細菌に基づいて、彼らは子供の腸のシステムでその粘液の形成と特性の刺激し、あなたが形成AF抗体より与えます。

バランスの再構築一般的な下痢に粉末溶液中の乳酸菌のような大規模な用量では短縮されます。

ロタウイルスと呼ばれる種類の典型的な下痢は、4〜5日持続し、他の多くの子供たちに感染することができます。

治療では、下痢は、典型的には約3日後に停止します。

このような状況での主なものは、輸液療法、砂糖と塩の交換で、その後、あなたは細菌が下痢を止めるようにすることができます。

腸残高と不均衡の間の一致の画像は明らかに簡素化されます。

しかし、それは細菌が私たちの内側の調和に住んでいることは事実であると彼らは良い細菌がバランスを再構築するのに役立つ可能性がありますバランスから出てきます。

興味深いの乳酸菌は、それらが腸自身の細菌叢の一部になるということです。

私たちは、植民地化を呼び出し、彼らが働いていたとき、彼らは、システムのうちですすぎます。

このように、効果は短命です。これはまた、ほとんどの場合、下痢の他のタイプには無害であることを意味します。

そのために、乳酸菌を用いて処理することができる、いわゆるロタウイルスです。

下痢細菌の他のタイプの場合、多くの場合、単に無効と副作用なしになり、バランスのための効果とサポートを清掃乳酸菌のは、長い間知られています。

これは古い科学だし、細菌の名前は古代生活のためプロバイオティクス手段から取得され100年以上も前の場合、医師、および免疫システム上の細菌の効果の研究でウクライナのパイオニアから、後でノーベル賞受賞者、メチニコフです。

昨年は英国の医学雑誌、診察を発表しました。

急性下痢を持つ若い子供のための60億の細菌の強力な濃度で、三分のコースを短縮することができ、すでに最初の日後の改善の発見、乳酸菌ラクトバチルス・ラムノサスGGの粉末であることを示しました。

もちろん、これらの子供たちは、最初に糖/塩溶液で液で処理しました。

研究はまた、ロタウイルスで最高の効果をことを示した、そして、それは多くの場合に感染し機関でのウイルスの子どもたちです。

土壌細菌や砂糖は子供が下痢を持っている理由は「私たちはほとんど知ることはできません。

それは祖父母を訪問した後、病気の結果として、または別の理由のためにあまりにも多くの砂糖やジュース、週末に過度の食品によって、ここから土壌細菌から来ている。

下痢が子供から子供にひどく擦れことを知っています。

そして、すべての子供が一度にヒットすることができます。

我々はまた、それは心に入れるのは難しいことを知って、これは非常に個々のですが、私たちのルールは機関のように、日中は2〜3回排便してから、親が胃に子を家に置いている場合、子下痢を持って、それが擦れているため、再び順序であります他の子供たち”と彼女は言います。

親が混乱しているし、私たちに尋ねるとき、私たちは通常、トーストパンとすりおろしたリンゴのように、彼らに古い家庭用品”を与えます。

それは本当に悪い場合は、私たちは再び水和を取得するために塩と砂糖水をお勧めします。

私も自分の息子に数回使用しているすりおろしたリンゴとトーストやお粥が下痢に対する罰金古い国内道具であると考えていますが、子供はかなり新鮮であれば、彼の下痢の病気の症状を示さないので、またレモネードおよびチップは、塩と砂糖のバランスを補充することができます。

下痢が最も重要である場合には、任意の形で砂糖/塩で飲むのに十分な彼女の子供を得ました。

一般的な乳酸菌製品は下痢に対しては効果がありません。乳酸菌の濃度は、小さすぎます。

それは私たちが徐々に、より強力な乳酸菌を研究の薬剤師を購入することができ乳幼児に下痢に有益な効果を示していることが喜ばしい。

薬局では脱水から乳酸菌と塩の組み合わせを含む粉末を購入することができます。

店頭で入手可能である粉末それは、水とバナナの味に希釈してください。

これは、いくつかのデンマークの病院「小児病棟で今日使用されています。